1. HOME
  2. 女性シンガー/歌手/ボーカル

女性シンガー/歌手/ボーカル

Changing Lights - Stacey Kent

The Changing Lights – Stacey Kent

5 / 5
心地いいジャズ+ボサノヴァ。R.メネスカルのギターも嬉しい

2012-2013年録音。ジャズスタンダード、アントニオ・カルロス・ジョビンの[1],[3],[8]をはじめとするボサノヴァなど、今回も好みのツボにピッタリ。夫でサックス奏者のジム・トムリンソンのオリジナル曲[2],[4],[5],[7],[12],[13]も楽しめます。 歌詞は、[4],[12]がAntonio Ladeira、[2],[5],[7]が作家のKazuo Ishiguro, [13]がBernie Beaupère。[4][6][12]はブラジルポルトガル語、[13 … 続きを読む

nara-ventodemaio

VENTO DE MAIO – NARA LEAO

3.5 / 5
サンバ、カーニバル、マーチでもノスタルジック

ナラの声はやわらかくて明るさがあり、サンバ、カーニバル、マルシャ(マーチ)が多く、ひょこひょこいうクイーカや陽気な打楽器の音も入ったアルバムですが、祭りの後のさみしさのような雰囲気がふんわり漂っています。 タイトルの『5月の風』と、「爽やかな風のような心地良いメロディー」というCDの日本語帯を見て一瞬新緑をイメージしましたが、よく考えたら南半球では秋、日本でいう11月頃でしょうか。カーニバルでイメージするような派手な色より、これから冬か…という頃の、ちょっとヴィンテージフィルターがか … 続きを読む

Waltz For Debby – Monica Zetterlund & Bill Evans

5 / 5
あったかいスウェーデン。ビルのサンタもかわいい♪

紙ジャケ裏 「自分の葬式やってくれるならビルのMy Foolish Heartとかを流して」と言っていたくらい10代の頃からビル・エヴァンスが大好きです。好きなアルバムにはいいイメージをつけたままにしたいから、あまり通勤電車で聴いたりしません。こちらも大切なお気に入りの1枚です。 最初買ったCDにはボーナストラックが入っていませんでしたが、後日紙ジャケット盤WALTZ FOR DEBBY[+6]を見つけたので買ってみたら、ビルがピアノを弾き語る「サンタが街にやってくる」他数曲が追加収録されていま … 続きを読む

UM CANTINHO, UM VIOLAO – NARA LEAO & ROBERTO MENESCAL

5 / 5
最高に幸せ

タイトル通り、優しくてあたたかいヴォーカルとギターだけのリラックスした雰囲気のアルバム。とても幸せな気分になれます。 Naraの晩年のアルバムやワンダ・サーとのアルバムでもおなじみのRoberto Menescalは、Naraが10代の頃通っていたギター教室の先生だそうです(少しお話させていただいたら、優しさが全身からにじみ出ているようなとてもすてきな方で、ますます好きになりました)。このアルバムでは、そのギター教室で一緒に先生をしていたCARLOS LYRA カルロス・リラの曲も演奏しています … 続きを読む

no image

“Jardin d’hiver” Keren Ann & Stacey Kent

Duo Stacey Kent et Keren Ann – live Ma Génération Blue Note France ケレン・アンとステイシー・ケントがライヴ共演する映像をBlue Note FranceがYouTubeにのせていました。(いつかリンク切れする可能性もあります。)手探りな感じがしてぶっつけ本番なのかなと思ったりもしますが、二人が一緒に歌っているのが見られるのは楽しいです♪ “Jardin d’hiver”といえば、H … 続きを読む

Mademoiselle – Berry

3.5 / 5
Berryのファーストアルバム

”Le bonheur”のクリップをフランスのTVで見て、どことなく懐かしい感じに惹かれ、CDを買ってみました。映画「Anna」でゲーンズブールの曲を歌うアンナ・カリーナを思い出したのかも。若い頃のアンナ、大好きだから♪ [10], [11]の以外、Berryが作詞担当。作曲は演奏やコーラスでも参加しているMANOU。 曲自体は好きです。独特の雰囲気があって、渋いアルバムが作れそうです。 音がオモチャっぽいというか単調な感じなのは、ポップのデビュー作だからなんでしょうか。この曲にこのアレンジは& … 続きを読む