1. HOME
  2. cute♪

cute♪

The Movie – Clare and the Reasons

4 / 5
ヴォーカル、コーラス、弦楽器... アナログ感ただようポップ

(EMI 日本盤) Clare Muldaur ManchonとOlivier Manchon クレア&オリヴィエ・マンション夫妻が率いる アメリカ・ブルックリンに拠点をおくバンド Clare&the Reasonsのファーストアルバムです。 Clare Muldaur Manchonのスイートな歌声は、軽やかに舞う羽のよう。その美しいヴォーカルと、きれいに絡むコーラスが作り出す透明感あるハーモニー、弦楽器のあたたかい音、懐かしい雰囲気に、ツボを直撃されました。 エレクトロニックな曲が増えたセカ … 続きを読む

helena-fraisevanille

HELENA NOGUERRA

ブリュッセル生まれのエレナは、歌手・モデルのLIO リオ(ヴァンダ)の妹。モデルとしてキャリアをスタートし、姉のアルバムにコーラスやバックダンサーで参加したりしていましたが、フランスのテレビ局(M6)のプレゼンテーターやラジオのナビゲーター、女優としても活動するようになりました。本も出しています。 ディスコグラフィー PROJET: BIKINI /ビキニ[1998]カトリーヌ、ドリアンなど1990年代フレンチポップを担ったアーティストが参加。先行発売された日本盤には、エレナが前から好きだったと … 続きを読む

NEE DANS LA NATURE – HELENA NOGUERRA

4.5 / 5
子供みたいな遊び心と可愛さ

前作に続きPhilippe Katerine(カトリーヌ/フィリップ・カトリーヌ)がプロデュースし、作曲+数曲作詞、ギター、コーラスも担当。 子供のような遊び心いっぱいで懐かしくてちょっとシニカルなカトリーヌ色が濃いアルバムで、前作よりもずいぶん洗練された印象をうけます。 ジャケットは、アルバムの中身と一致する楽しいデザイン。ベッドの上でライオンに寄り添うエレナが、 ランプ、楽器、傘の骨、帽子、バッグ、トランク、下着、靴、花、ミラーボール、小鳥、人形たち、ドクロなどに囲まれていて、 背景は子供が … 続きを読む

SINGS SALVADORE POE / LISA EKDAHL

5 / 5
サルバドーレ・ポーとリサ・エクダールの幸せ感ただようアルバム

スウェーデン民謡調の素朴なアルバムやジャズアルバムなど、「スウェーデンの妖精」といわれるリサ・エクダールの歌は昔から聴いていましたが、このアルバムは可愛くて透明感が出ていて、一番好きです。 歌詞カードの中の写真はちょっと小悪魔的ですが、もともとアイドル的なリサだけあってジャケットは見るからに天使。歌い出しにちょっと入る笑い声や、ささやくような甘い英語ヴォーカルなど、とにかく可愛いです。なのに頼りなさを感じさせない安定感があって快適です。 リサの新しい夫SALVADORE POE サルバドーレ・ポ … 続きを読む

Clube Da Chave – Ramon Leal & Beatrice Binotti

4.5 / 5
海辺のような心地よさ

ジョアン・ジルベルトゆかりのクラブ「クルベ・ダ・シャーヴェ」をタイトルにした心地いいアルバム。 前作と同じく、A.C.ジョビン、ジョアン・ジルベルト、カルロス・リラ等のスタンダードな曲を、オリジナルを大切にしつつアレンジしていますが、今回はラモン・レアルのオリジナル曲[5]も入っています。 前作に引き続き参加しているベアトリス・ビノッティのヴォーカルが可愛くて、”BIM BOM”は、あまりの可愛さに転げまわってしまうほど。必聴です。 今回は彼女の他にスウェーデン出身のアナ … 続きを読む

BOSSANOVA 2001 – RAMON LEAL

5 / 5
洗練されつくした快適ボサノヴァ・アルバム

わざわざタイトルにしてあるとおり20世紀末に作られたスペイン発のボサノヴァ・アルバムです。 約半世紀前のボサノヴァスタンダードのオリジナルを大切にしつつ、ワイルドさや不純物を濾過して取り除いたようなひたすら心地いいアルバムです。 イメージは、サラサラの白砂と透明な波ときれいな眺めが楽しめて、適温で、きれいに掃除されてる安全快適なホテルのビーチ でなければ、とことん舌触りのいいデザート。女優でもあるベアトリス・ビノッティの適度にささやき気味のヴォーカルがものすごく可愛いです。ちょっと腑に落ちないの … 続きを読む