The Changing Lights – Stacey Kent

5 / 5
心地いいジャズ+ボサノヴァ。R.メネスカルのギターも嬉しい

2012-2013年録音。ジャズスタンダード、アントニオ・カルロス・ジョビンの[1],[3],[8]をはじめとするボサノヴァなど、今回も好みのツボにピッタリ。夫でサックス奏者のジム・トムリンソンのオリジナル曲[2],[4],[5],[7],[12],[13]も楽しめます。
歌詞は、[4],[12]がAntonio Ladeira、[2],[5],[7]が作家のKazuo Ishiguro, [13]がBernie Beaupère。[4][6][12]はブラジルポルトガル語、[13]Chanson Légèreはフランス語で歌っています。
[6]O Barquinho(小舟)の作者でもあるブラジルのロベルト・メネスカルが参加していて、[6]と[12]でやさしいギターが聴けるのもかなり嬉しいところです。
[11]The Face I Loveは、ブラジルのマルコス・ヴァーリの歌詞も音楽も最高なボサノヴァの有名曲ですが、光景をひとつひとつ思い浮かべるかのようにゆっくり歌い始めるステイシーの歌は、曲の夢見るような雰囲気とぴったりで、最高です
Amazon輸入盤を予約購入したら価格が1000円台前半。過去のアルバムのリリース時と比べて数分の一でちょっとビックリしました。

  1. This Happy Madness (Antônio Carlos Jobim, Vinicius de Moraes, Gene Lees)
  2. The Summer We Crossed Europe In The Rain
  3. One Note Samba (Antonio Carlos Jobim, Newton Mendonça)
  4. Mais Uma Vez
  5. Waiter, Oh Waiter
  6. O Barquinho (Ronaldo Bôscoli, Roberto Menescal)
  7. The Changing Lights
  8. How Insensitive (Antônio Carlos Jobim, Vinicius de Moraes, Norman Gimbel)
  9. O Bêbado E A Equilibrista / Smile (Aldir Blanc, João Bosco / Charles Chaplin, Geoffrey Parsons, John Turner)
  10. Like A Lover (Nelson Motta, Dori Caymmi, Alan and Marilyn Bergman)
  11. The Face I Love (Marcos Valle, Paulo Sergio Valle / Carlos Pingarilho, Ray Gilbert)
  12. A Tarde
  13. Chanson Légère

チェンジング・ライツ -

Stacey Kent (vocals, guitar [8]), Jim Tomlinson (tenor/soprano saxophone, flute), Graham Harvey (piano & Fender rhodes), Roberto Menescal (guitar [6,12]), John Parricelli (guitar [2,3,4,5,7,10,13]), Jeremy Brown (double bass), Matt Home (drums [1,7,8,11]), Joshua Morrison (drums [2,3,4,5,10,13]), Raymundo Bittencourt (gana [6])

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。