1. HOME
  2. コーラス

コーラス

The Swingers! Lambert, Hendricks and Ross

4.5 / 5
C.パーカー、M.デイヴィス、S.ロリンズ他の曲をジャズメンと

1958年8月、1959年3月録音。ズート・シムズ、ジム・ホール、トミー・フラナガン、エルヴィン・ジョーンズ等のジャズメンとランバート・ヘンドリックス&ロスが共演しています。 LHRの作詞はほとんどジョン・ヘンドリックスが行っていますが、[4]Jackieにはアニー・ロスが歌詞をつけています。[10]は作詞作曲ともジョンが行ったオリジナル曲です。 [2][7][8]は、ピアニストで作曲家のランディ・ウェストンの曲。3拍子のブルース[2]Babe’s Bluesもそうですが、[7]Li … 続きを読む

Sing a Song of Basie: Lambert, Hendricks and Ross

4 / 5
LHRの始まり♪

ランバート・ヘンドリックス&ロス(LHR)のファーストアルバム。 カウント・ベイシーのレパートリー中心で、歌詞はJon Hendricks ジョン・ヘンドリックス、アレンジはDave Lambert デーヴ・ランバートが担当。ベイシー楽団のリズムセクション(ピアノ、ギター、ベース、ドラム)が参加しています。 ファーストアルバムはこれですが、JonとDaveが最初に取り組んだ曲は、Woody Hermanの”Four Brothers”で、これを1955年に4人のコーラスで録音したのがそもそもの始 … 続きを読む

doublesix

LES DOUBLE SIX

5 / 5
ブルースターズよりジャズ色が濃くなったフランス語ヴォーカリーズ

amazon 32曲入り LES DOUBLE SIX レ・ドゥブル・シス(ダブル・シックス・オブ・パリ)は、(LES) BLUE STARS ブルー・スターズの後身といえるフランスのフレンチジャズコーラスユニット。 楽器によるジャズ名演を、歌詞つきヴォーカルで再現するvocalese ヴォーカリーズということで、モダンジャズコーラスグループの元祖的存在ランバート、ヘンドリックス&ロス(LHR)を思い出すところもありますが、 ドゥブル・シスの魅力は、LHRのようなおもしろジェットコースター感では … 続きを読む

DUKE PEARSON – HOW INSENSITIVE

5 / 5
ソロヴォーカル、コーラス、オーケストラ入りのふわっとあたたかい音楽

DUKE PEARSON – HOW INSENSITIVE デューク・ピアソンのピアノのアルバムも好きですが、トム・ジョビンの曲"How Insensitive"をタイトルにしたこれは、特別感があって大好きです。 オリジナル曲、ボサノヴァ、ゴスペル、ジャズスタンダードが混ざったトラック名を見ると、統一感がないように見えるかもしれませんが、ジャケット写真に通じる独特の世界が完成しています。 全体を包むあたたかい雰囲気に加え、曲順も心地よさの秘密かもしれません。 「 … 続きを読む

QUARTETO EM CY – QUARTETO EM CY

4.5 / 5
ジャケットも中身もキュート

ELENCOレーベル移籍1作目。ELENCOレーベルのマークとおそろいの色(赤黒)のデザインといい、4人のモッズ風マッシュルームカットや服といい、1960年代カルチャー好きの心をわしづかみしてきます。中身も遊び心たっぷりで可愛い アルバムタイトルはまたも QUARTETO EM CY でややこしいですが、日本盤は「ペドロ・ペドレイロ」となっています。 曲は、バーデン・パウエル/ヴィニシウス・ヂ・モラエス[3]、アントニオ・カルロス・ジョビン[4],[10]から、当時若手だったマルコス・ヴァーリ[ … 続きを読む

LIVE AT BASIN STREET EAST – LAMBERT, HENDRICKS & BAVAN

4 / 5
ボサノヴァも入って、いつもよりのんびり

1962年9月にニューヨークのクラブでLAMBERT, HENDRICKS&BAVAN (LHB)が行ったライブの録音。 LHBは、LAMBERT,HENDRICKS & ROSS (LHR)のANNIE ROSSが1962年に脱退した後、代わりにセイロン出身のロンドンっ子YOLANDE BAVANを加えたユニットですが、LHRの陰に隠れてしまっているような気がします。 LHRもLHBも、楽器によるジャズの名演に歌詞をつけてヴォーカルで再現する「ヴォーカリーズ」が基本。 イギリス人のアニ … 続きを読む