QUARTETO EM CY

DE MARRE DE CY – QUARTETO EM CY

4.5 / 5
ゆったりふんわりコーラス

ELENCOエレンコレーベルでの2作目。 サンバの[2]などは陽気ですが、中盤あたりはもの寂しくゆったりした曲が多めです。 タイトル曲[8]Marre de Cyなんて、Eu sou pobre, pobre, pobre、僕は貧しい、貧しい、貧しいと繰り返して始まりますが、これ以外にも現状に対する不満や貧しさが現れている曲があり、軍事政権下の当時のブラジルを想像してしまいます。 まぁでもコーラスはやっぱりきれいで、好きな曲が多いアルバムです。 1,3,5,8の4曲はSydney Miller作 … 続きを読む

VINICIUS EM CY – QUARTETO EM CY

4 / 5
ヴィニシウスと共作者たちの曲をふわふわコーラスで

ジョビンやカルロス・リラ等の曲の共作者としても有名な外交官で詩人のヴィニシウス・ヂ・モラエスの曲を集めた、1993年リリースのコンピレーション盤。 ヴィニシウス・ヂ・モラエス本人[15], [16]の他、アントニオ・カルロス(トム)・ジョビン[4](ピアノ/ヴォーカル)、カルロス・リラ[8]、トッキーニョ][6](ヴィオラオン/ヴォーカル)、シコ・ブアルキ[1](ヴォーカル)、セリア・ヴァス[14](ヴォーカル/ヴィオラォン/アレンジ)などが参加しています。(セリア・ヴァス&ワンダ・サーの共演ア … 続きを読む

QUARTETO EM CY – QUARTETO EM CY

4.5 / 5
ジャケットも中身もキュート

ELENCOレーベル移籍1作目。ELENCOレーベルのマークとおそろいの色(赤黒)のデザインといい、4人のモッズ風マッシュルームカットや服といい、1960年代カルチャー好きの心をわしづかみしてきます。中身も遊び心たっぷりで可愛い アルバムタイトルはまたも QUARTETO EM CY でややこしいですが、日本盤は「ペドロ・ペドレイロ」となっています。 曲は、バーデン・パウエル/ヴィニシウス・ヂ・モラエス[3]、アントニオ・カルロス・ジョビン[4],[10]から、当時若手だったマルコス・ヴァーリ[ … 続きを読む

QUARTETO EM CY – QUARTETO EM CY

5 / 5
極上ファーストアルバム

女性4人コーラス・グループ、クアルテート・エン・シーの1作目。 [3],[6],[7],[11]は、ボサ・トレス(ルイス・カルロス・ヴィーニャス(p)、オターヴィオ(b)、ロナルド(ds)のジャズ・ボサ・トリオ)が参加していて、coolなジャズテイスト。 [1],[2],[4],[5],[8],[9],[10]のアレンジとピアノはエウミール・デオダートです。ラウリジーニョ(トロンボーン)、パウロ・モウラ(as)も参加しています。 曲は、[1],[6]がEduardo Loboエドゥ・ロボ/Ruy … 続きを読む