1. HOME
  2. Hot♪

Hot♪

The Swingers! Lambert, Hendricks and Ross

4.5 / 5
C.パーカー、M.デイヴィス、S.ロリンズ他の曲をジャズメンと

1958年8月、1959年3月録音。ズート・シムズ、ジム・ホール、トミー・フラナガン、エルヴィン・ジョーンズ等のジャズメンとランバート・ヘンドリックス&ロスが共演しています。 LHRの作詞はほとんどジョン・ヘンドリックスが行っていますが、[4]Jackieにはアニー・ロスが歌詞をつけています。[10]は作詞作曲ともジョンが行ったオリジナル曲です。 [2][7][8]は、ピアニストで作曲家のランディ・ウェストンの曲。3拍子のブルース[2]Babe’s Bluesもそうですが、[7]Li … 続きを読む

Sing a Song of Basie: Lambert, Hendricks and Ross

4 / 5
LHRの始まり♪

ランバート・ヘンドリックス&ロス(LHR)のファーストアルバム。 カウント・ベイシーのレパートリー中心で、歌詞はJon Hendricks ジョン・ヘンドリックス、アレンジはDave Lambert デーヴ・ランバートが担当。ベイシー楽団のリズムセクション(ピアノ、ギター、ベース、ドラム)が参加しています。 ファーストアルバムはこれですが、JonとDaveが最初に取り組んだ曲は、Woody Hermanの”Four Brothers”で、これを1955年に4人のコーラスで録音したのがそもそもの始 … 続きを読む

Unza Unza Time – Emir Kusturica&The No Smoking Orchestra

4.5 / 5
踊り狂える東欧系音楽

エミール・クストリッツア監督の傑作『アンダーグラウンド 』(1995)を見て、あのズチャズチャ東欧系音楽が気になった人は多いのではないでしょうか。あの映画音楽はGoran Bregovicですが、 同監督の映画『黒猫白猫』(1998)の音楽担当は、Vojislav Aralica ヴォイスラフ・アラリカ, Dr. Nele Karajlic ネレ・カライリチ, Dejan Sparavalo デーシャン・スパラヴァロ。 ノー・スモーキング・オーケストラは、彼らとクストリッツア監督と監督の息子他か … 続きを読む

OS MEUS AMIGOS SAO UM BARATO – NARA LEAO

3 / 5
復帰作

若い頃ナラの豪華アパートのサロンに集っていた仲間や、トロピカリズモ運動時代の仲間など、計11人が参加した1977年のアルバム。 ジルベルト・ジル、カエターノ・ヴェローゾ、エドゥ・ロボ、アントニオ・カルロス・ジョビン、カルロス・リラ、シコ・ブアルキ、ジョアン・ドナート、ロベルト・メネスカル他が参加しています。 子育てと勉学に専念した生活を終えて本格的に音楽に戻ってきたナラを皆で歓迎するかのような、にぎやかな雰囲気です。 「素晴らしき」仲間たちという邦題をつけたくなる気持ちが分かるほど豪華な顔ぶれな … 続きを読む

ELIS REGINA IN LONDON

5 / 5
豪快な疾走感がきもちいい

エリスのヨーロッパツアーメンバー(ロベルト・メネスカルなど)と、イギリス人のピーター・ナイトが指揮するオーケストラが1969年3月(5月?)にロンドンに集まり、たった1日でレコーディングされたというアルバム。エリスは本当に気持よさそうに歌っていて、上昇気流に乗って昇っていくようなのびやかなヴォーカルを聴いていると気持ちいいです。 歌とオーケストラを別々に録音したのでなく、オーケストラの生演奏をバックにエリスが歌っているというのも納得がいきます。 曲はアップテンポなものと、ゆったりしたものがいい具 … 続きを読む

BRASILIAN SOUND – LES MASQUES

4.5 / 5
フランス匿名アーティスト+トリオ・カマラのブラジリアンサウンド@パリ

<ブラジリアンミュージックを愛する仲間で話していたら、「アメリカではブラジル音楽が英語で歌われて広まってる。パリでもブラジル音楽をやって楽しんでもよさそうなのにね」ということに。彼らはプロのミュージシャン(作詞家、作曲家、歌手…)で、そのうち一人がレコーディングスタジオを持っていたので、自然ななりゆきでグループができた。 Les Masquesという名前は、カーニヴァル風の雰囲気を出すためかもしれないし、メンバーの名前を伏せた(Masqué(s) マスケ=覆い隠された)ことにかけて … 続きを読む