The Swingers! Lambert, Hendricks and Ross

4.5 / 5
C.パーカー、M.デイヴィス、S.ロリンズ他の曲をジャズメンと

1958年8月、1959年3月録音。ズート・シムズ、ジム・ホール、トミー・フラナガン、エルヴィン・ジョーンズ等のジャズメンとランバート・ヘンドリックス&ロスが共演しています。
LHRの作詞はほとんどジョン・ヘンドリックスが行っていますが、[4]Jackieにはアニー・ロスが歌詞をつけています。[10]は作詞作曲ともジョンが行ったオリジナル曲です。

[2][7][8]は、ピアニストで作曲家のランディ・ウェストンの曲。3拍子のブルース[2]Babe’s Bluesもそうですが、[7]Little Nilesの独特の雰囲気はたまりません♪ [8]はきれいなバラードです。
このほか、ソニー・ロリンズの[1]Airgin、マイルス・デイヴィスの1953年の録音を再現した[6]Four、チャーリー・パーカーの[9]Now’s the Time(マイルスと共演したヴァージョン)など、おなじみの曲・演奏を取り上げた、楽しいアルバムです。

  1. Airegin (Sonny Rollins)
  2. Babe’s Blues (Randy Weston)
  3. Dark Cloud (Zoot Sims)
  4. Jackie (Wardel Gray)
  5. Swingin’ Till the Girls Come Home (Oscar Pettiford)
  6. Four (Miles Davis)
  7. Little Niles (Randy Weston)
  8. Where (Randy Weston)
  9. Now’s the Time (Charlie Parker)
  10. Love Makes the World Go ‘Round (Jon Hendricks)

    作詞:[4]はAnnie Ross、その他はJon Hendricks

  1. エアジン
  2. ベイブス・ブルース
  3. ダーク・クラウド
  4. ジャッキー
  5. スインギン・ティル・ザ・ガールズ・カム・ホーム
  6. フォア
  7. リトル・ナイルス
  8. ホエア
  9. ナウズ・ザ・タイム
  10. ラヴ・メイクス・ザ・ワールド・ゴー・ラウンド
  11. クラップ・ハンズ・ヒア・カムズ・チャーリー
  12. ドゥードリン
  13. ザ・スピリット・フィール)

    11-13 Bonus Track

シング・ア・ソング・オブ・ベイシー -

ランバート・ヘンドリックス&ロス(LHR) Dave Lambert, Jon Hendricks & Annie Ross (vo)
+ Zoot Sims (ts); Russ Freeman(p); Tommy Flanagan(p); Freddie Green(g); Jim Hall(g); Ed Jones(b); Sonny Payne(ds)

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。