1. HOME
  2. 粋♪

粋♪

The Swingers! Lambert, Hendricks and Ross

4.5 / 5
C.パーカー、M.デイヴィス、S.ロリンズ他の曲をジャズメンと

1958年8月、1959年3月録音。ズート・シムズ、ジム・ホール、トミー・フラナガン、エルヴィン・ジョーンズ等のジャズメンとランバート・ヘンドリックス&ロスが共演しています。 LHRの作詞はほとんどジョン・ヘンドリックスが行っていますが、[4]Jackieにはアニー・ロスが歌詞をつけています。[10]は作詞作曲ともジョンが行ったオリジナル曲です。 [2][7][8]は、ピアニストで作曲家のランディ・ウェストンの曲。3拍子のブルース[2]Babe’s Bluesもそうですが、[7]Li … 続きを読む

Sing a Song of Basie: Lambert, Hendricks and Ross

4 / 5
LHRの始まり♪

ランバート・ヘンドリックス&ロス(LHR)のファーストアルバム。 カウント・ベイシーのレパートリー中心で、歌詞はJon Hendricks ジョン・ヘンドリックス、アレンジはDave Lambert デーヴ・ランバートが担当。ベイシー楽団のリズムセクション(ピアノ、ギター、ベース、ドラム)が参加しています。 ファーストアルバムはこれですが、JonとDaveが最初に取り組んだ曲は、Woody Hermanの”Four Brothers”で、これを1955年に4人のコーラスで録音したのがそもそもの始 … 続きを読む

LULLABY OF BIRDLAND – LES BLUE STARS

5 / 5
ふわふわフレンチジャズコーラスユニット

フランスのコーラスユニット、(LES/THE) BLUE STARS ブルースターズが1954年11月に録音したファーストアルバム。冬の休日に聴きたくなるような、ほんわりあたたかくのんびりした感じの、心地いいアルバムです。 ブロッサム・ディアリーと、ミシェル・ルグランの姉クリスチャーヌ(クリスティアーヌ)・ルグランも参加しています。 私は昔からランバート、ヘンドリックス&ロス (LHR)やランバート、ヘンドリックス&バヴァン (LHB)などが好きで、フランス語のジャズコーラスグループもいないかな … 続きを読む

doublesix

LES DOUBLE SIX

5 / 5
ブルースターズよりジャズ色が濃くなったフランス語ヴォーカリーズ

amazon 32曲入り LES DOUBLE SIX レ・ドゥブル・シス(ダブル・シックス・オブ・パリ)は、(LES) BLUE STARS ブルー・スターズの後身といえるフランスのフレンチジャズコーラスユニット。 楽器によるジャズ名演を、歌詞つきヴォーカルで再現するvocalese ヴォーカリーズということで、モダンジャズコーラスグループの元祖的存在ランバート、ヘンドリックス&ロス(LHR)を思い出すところもありますが、 ドゥブル・シスの魅力は、LHRのようなおもしろジェットコースター感では … 続きを読む

LES SENEGALAISES – SANSEVERINO

4.5 / 5
粋なマヌーシュ風スイング+辛口ユーモア

フランスのシャンソン、マヌーシュ(ジプシー)・スイング、喜劇等の要素が混ざり合った、サンセヴェリーノのセカンドアルバム。 彼の音楽の好みだけでなく、まるでジプシーのように外国を転々とした経験や、喜劇役者他としての経験やキャラクターが反映されているような気がします。 (STEPHANE) SANSEVERINOは1962年生まれのイタリア系。3歳から家族と共にブルガリア、ユーゴスラビア、メキシコ等を転々とした後、20歳でコメディアンを目指し、演劇からスタート。 やがてベース等の楽器も操っていくつも … 続きを読む

LES DEMOISELLES DE ROCHEFORT – MICHEL LEGRAND

5 / 5
ミシェル・ルグラン映画音楽の傑作♪

ジャズミュージシャンとしても有名なフランスのMICHEL LEGRAND ミシェル・ルグラン。これは彼が音楽を担当したミュージカル映画「ロシュフォールの恋人たち(1966)」のサウンドトラック。同じくジャック・ドゥミ監督と組んだミュージカル映画「LES PARAPLUIE DE CHERBOURG シェルブールの雨傘」と並ぶ傑作です。 画像左(1966年サントラのリマスター完全盤)は2枚組。ジャケットが、あの可愛い映画ポスターと違うことに多少違和感を覚えつつも、買って正解でした。 2枚目には英語 … 続きを読む