AQUARELA DO BRASIL / TOOTS THIELEMANS & ELIS REGINA

5 / 5
幸せ感ただようJazzyな共演アルバム

ジャズハーモニカ&口笛の名手トゥーツ・シールマンスとエリス・レジーナが共演したアルバム。二人が一緒に演奏していない曲も多いですが、ジャズとブラジル音楽の相性のよさをあらためて思い知らされます。
ホベルト(ロベルト)・メネスカル(g)、アントニオ・アドルフォ(p)、ジュランヂール・メイレーリス(b)、ウィルソン・ダス・ネヴィス(ds)、エルメス・コウテジーニ(perc)とともにエリスがヨーロッパ各地をツアーしている時(1969年始め)に、スウェーデンで録音されたそうです。
曲は、アントニオ・カルロス・ジョビンの゛Wave゛他の有名曲に加え、トゥーツ・シールマンスのオリジナル曲(Five for Elis)等。
特に好きなのは、Roberto Menescal作の曲”VOCE(あなた)”。エリスが笑い声や吐息混じりに歌っていて、リラックスして楽しんでいる雰囲気が伝わってきます。

エリスは時代や共演者に合わせて変わるので、アルバムによって印象が違います。同じ曲を聞き比べると、アレンジや雰囲気に合わせて自由自在に歌いわけているのが分かります。
この「ブラジルの水彩画」ではWave、Voce、O Barquinhoをリラックスした感じで歌っていますが、同年録音の「エリス・イン・ロンドン」では、グルーブ感たっぷりに伸びやかに歌いあげています。O Sonhoも、同年録音の゛Como&Porque"で歌っていますが、また印象が全く違います。
ボサノヴァならではのヘタウマ・リラックス系歌手も好きですが、表現力豊かで自由自在なエリス・レジーナの歌うボサノヴァは最高です。

トゥーツ・シールマンスは数々のジャズプレイヤーと共演していますが、ブラジル関係のものとしては、豪華ゲストをこれでもかというくらい迎えたアルバム「ブラジル・プロジェクト(vol.1、2)」もあります。ライブで話しているのを聞いただけでも人柄のよさが伝わってきましたが、アルバムを聴けば聴くほどつくづく共演者をくつろがせる人だなぁと思います。

Aquarela Do Brasil
1. Wave ウェイヴ
2. Aquarela Do Brasil ブラジルの水彩画
3. Visao 幻想
4. Corrida de Jangada コヒート・ヂ・ジャンガダ/帆掛け船の競争
5. Wilsamba ウィルサンバ
6. Voce (You) ヴォセ(あなた)
7. Barquinho 小舟
8. O Sonho 夢
9. Five for Elis ファイヴ・フォー・エリス
10. Canto de Ossanha (Chi Dice Non De) オサーニャの歌
11. Honeysuckle Rose ハニーサックル・ローズ
12. A Volta ア・ヴォルタ

ブラジルの水彩画 -

TOOTS THIELEMANS & ELIS REGINA

関連記事


Notice: Undefined variable: aria_req in /home/lenanan/lumiplage.com/public_html/musique/mqwp/wp-content/themes/musique/comments.php on line 12

Notice: Undefined variable: html5 in /home/lenanan/lumiplage.com/public_html/musique/mqwp/wp-content/themes/musique/comments.php on line 14

Notice: Undefined variable: aria_req in /home/lenanan/lumiplage.com/public_html/musique/mqwp/wp-content/themes/musique/comments.php on line 14

Notice: Undefined variable: html5 in /home/lenanan/lumiplage.com/public_html/musique/mqwp/wp-content/themes/musique/comments.php on line 16

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。