GETZ/GILBERTO 2 (Live)

4 / 5
ジルベルト夫婦再参加Live

1964年10月9日カーネギーホールでのコンサートの録音。ジョアン・ジルベルトとスタン・ゲッツは相変わらず険悪だったのでしょうが、そんなことは全く感じさせない楽しい雰囲気です。曲間のスピーチ、観客の拍手や声から会場の広さと雰囲気が伝わってきます。
ゲッツ/ジルベルト」で共演したジョアン&アストラッドのジルベルト夫妻に加え、前作「ゲッツ・オー・ゴー・ゴー」と同じメンバー(ゲーリー・バートン他)も参加しています。

CD『GETZ/GILBERTO#2(+5)』には、例の大ヒット曲「イパネマの娘」他、アストラッドがヴォーカルで参加した5曲が追加収録されています(11-15)。
ジョアンのやわらかい声とギターに湧き上がる会場の拍手。そっと寄り添ってくるJoe HuntのドラムとGene Chericoのベース。イパネマのイメージがいい感じに出来上がってきた頃に、ヨタヨタと走りこんでくるアストラッドのヴォーカル。このライブの彼女の歌は、いつもにましてあやうげです。When she passes each one she passes goes Aaah…゛と聴くと、こっちもaaah…と脱力してしまいます。
このヴォーカル、ボサノヴァならではの素朴さがあるし可愛いという人もいれば、苦手だという人もいて、好みの別れるところですね。
人間は、驚きや恐怖による心拍数の上昇を恋愛感情のドキドキと勘違いして危険な人に惹かれることがあるといいますが、そう考えると、ヘタウマ系?の綱渡りのような感覚は、魅力かもしれません。

1. Grandfather’s Waltz グランドファザーズ・ワルツ
2. Tonight I Shall Sleep -With a Smile on My Face 夢のほほえみ
3. Stan’s Blues スタンズ・ブルース
4. Here’s That Rainy Day ヒアズ・ザット・レイニー・デイ
5. Samba de Monha Terra 我がふるさとのサンバ
6. Rosa Morena ホーザ・モレーナ
7. Um Abraco No Bonfa ボンファに捧ぐ
8. Bim Bom ビン・ボン
9. Meditation (Meditacao) メディテーション
10. O Pato (The Duck) 鵞鳥のサンバ
11. It Might as Well Be Spring* 春の如く
12. Only Trust Your Heart* オンリー・トラスト・ユア・ハート
13. Corcovado -Quiet Nights of Quite Stars* コルコヴァード
14. Garota de Ipanema-The Girl from Ipanema* イパネマの娘
15. Eu E Voce* エウ・イ・ヴォセ
Verve

ゲッツ/ジルベルト#2 -

1-4:Stan Getz(ts), Gary Burton(vb), Gene Cherico(b), Joe Hunt(d) 5-10:Joao Gilberto(g), Keter Betts(b), Helcio Melito(d) 11-15:Stan Getz(ts), Joao Gilberto(g), Gary Burton(vb), Gene Cherico(b), Joe Hunt(d), Astrud Gilberto(vo)

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。