SAMBA’68 – MARCOS VALLE

5 / 5
晴れた休日に聴きたい幸せ感たっぷりのアルバム

ちょっと怪しいこのジャケットや、タイトルの「サンバ」とはほど遠く、楽しくてリラックス感たっぷりの心地いいアルバムです。マルコスの作曲家としての代表作のひとつ[3]So Nice他、天気のいい休日にぴったり合う曲が詰まっています。
セルジオ・メンデスやアストラッド・ジルベルトと同じく、アメリカでのボサノヴァ流行を反映してか、歌詞は英語が多め。
甘くてコクのある声のマルコス・ヴァーリと、透明感ある可愛い声の元妻アナマリアとのデュエットは最高で、とにかく楽しい気分になります。憂いがあるボサノヴァはあまり好きじゃない、という方にもおすすめです。

1. The Answer
2. Crickets Sing For Anamaria
3. So Nice (Summer Samba)
4. Chup Chup I Got Away
5. If You Went Away
6. Pepino Beach
7. She Told Me She Told Me
8. Its Time To Sing
9. Batucada
10. The Face I Love
11. Safely In Your Arms
1.答え
2.クリケット・シング・フォー・アナマリア
3.ソー・ナイス(サマー・サンバ)
4.チャップ・チャップ・アイ・ガット・アウェイ
5.イフ・ユー・ウェント・アウェイ
6.ペピーノ・ビーチ
7.シー・トールド・ミー,シー・トールド・ミー
8.イッツ・タイム・トゥ・シング
9.バトゥカーダ
10.ザ・フェイス・アイ・ラヴ
11.深く眠れ

サンバ’68 -

Anamaria アナマリア(vo)、Eumir Deodato エウミール・デオタート(arr)、Claudio Slon(ds)、クラウディオ・スローン

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。