NARA LEAO ナラ・レオン

NARA LEAO ナラ・レオン ディスコグラフィー

NARA

/ 1964, Philips
★2 カルロス・リラのアルバムに参加した後、1963年末に録音されたナラ・レオンのデビュー作。カルロス・リラ、エドゥ・ロボ、バーデン・パウエル/ヴィニシウス・ヂ・モライスなどの曲をとりあげています。ナラはこの頃すでに反ボサノヴァ的になっていて、ボサ・アルバムを製作するつもりだったプロデューサーを困惑させたといわれています。

Opinao De Lara

/ 1964, Philips

O Canto Livre De Nara

/ 1965, Philips

O Show Do Opinao – Ao Vivo

/ 1965, Philips

5 Na Bossa

/ 1965, Philips

Nara Pede Passagem

/ 1966, Philips

Manha De Liberdade

/ 1966), Philips

Vento De Maio 五月の風

/ 1967, Philips
サンバ、カーニバル、マーチが多めで陽気な打楽器やオーケストラ入りですが、ちょっとヴィンテージフィルタがかかったような雰囲気です。

Vento De Maio アルバムメモ

Nara リンドネイア

/ 1967, Philips

Nara Leao

/ 1968, Philips

Coisas Do Mundo

/ 1969, Philips

Dez Anos Depois 美しきボサノヴァのミューズ

/ 1971, Philips
デビュー以来ブラジル土着の民衆的な歌やプロテストソングなどを歌っていたナラ・レオンが、ボサノヴァに回帰し、亡命先パリで録音したアルバム。ナラ・レオンのボサノヴァアルバムとしてはこれが1作目ということになります。

Dez Anos Depois アルバムメモ

Nara

/ 1971, Philips

Meu Primeiro Amor 私の初恋

/ 1975, Philips
亡命先のフランスからブラジルに帰国したナラ・レオンが育児や勉学に励んでいた頃の、優しくてアットホーム感があるアルバム。

Meu Primeiro Amor アルバムメモ

Os Meus Amigos Sao Um Barato

/ 1977, Philips
ナラと素晴らしき仲間たち
若い頃ナラの豪華アパートのサロンに集っていた仲間と、トロピカリズモ運動時代の仲間など、11人が参加。カエターノ・ヴェローゾ、A.C.ジョビン、カルロス・リラ、シコ・ブアルキ、ジョアン・ドナート、ロベルト・メネスカルなど豪華な顔ぶれ。

Os Meus Amigos Sao Um Barato アルバムメモ

Debaixo Dos Caracois Dos Seus Cabelos (…E QUE TUDO MAIS VA PRO INFERNO)

/ 1978, Philips

Com Azucar Com Afeto

/ 1980, Polygram

Romance Popular

/ 1981, Philips

Nasci Para Bailar

/ 1982, Polygram,

Meu Samba Encabulado

/ 1983, Polygram

Abracos E Beijinhos E Carinhos Sem Ter Fim

/ 1984, Philips

Um Cantinho, Um Violao

/ 1985, Philips
Nara Leao/Roberto Menescal
ナラ・レオンとロベルト(ホベルト)・メネスカルのくつろいだ演奏が味わえる大好きなアルバム。

Um Cantinho, Um Violao アルバムメモ

Meus Sonhos Dourados

/ 1987, Philips
あこがれ
Onde E Quandoと同じく、アメリカのポップス、ジャズのスタンダードをナラ・レオンがポルトガル語で歌っています。80sっぽいジャケットと電子音は好みではないですが、選曲も歌もよくて、原曲と違うオリジナル歌詞も楽しめます。

Meus Sonhos Dourados アルバムメモ

Onde E Quando (MY FOOLISH HEART)

/ 1989, Philips
「あこがれ」に次いで、ジャズスタンダードや映画音楽をとりあげたナラの遺作。お馴染みの英語曲をポルトガル語歌詞で歌っています。

Onde E Quando アルバムメモ

アルバムをそろえる時便利なように作ったディスコグラフィ(年代順オリジナルアルバムリスト)です。星の数(最高★5)は、個人的なお気に入り度です。

NARA LEAO ナラ・レオン (1942-1989)

ナラ・レオンの裕福なアパートのサロンがミュージシャンの溜まり場となってボサノヴァが誕生したという話もあり、ボサノヴァのミューズといわれるナラですが、初期アルバムは非ボサノヴァ的。フランス亡命前は、プロテストソングを歌ったアルバムをたくさん出しています(が、私はあまり好みでないので聴く回数が少なめ)。
亡命先のパリでボサノヴァに戻った名盤「美しきボサノヴァのミューズ」以降は、ブラジルの古い歌から、アメリカのポップス、ジャズ、映画音楽まで、クリーミーで陰影のある優しいヴォーカル&ギターでのアルバムを出しています。ナラがアストラッド・ジルベルトに歌を教えたともいわれています。

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。