”Deauville Sans Trintignant” VINCENT DELERM 歌詞

アルバムVINCENT DELERMから。

映画「男と女」Un homme et une femmeを下敷きにした曲です。映画っぽさがおもしろいので、おおざっぱに歌詞を訳してみました。

A Deauville un dimanche
Sous la pluie sur les planches
Elle s’avance à côté
D’un homme plus âgé

Il ne dit presque rien
A Deauville ce matin
Il promène sur la plage
Son deuxième mariage

Les studios vue sur mer
Sont fermés tout l’hiver
Puisque les retraités
N’ont pas pris de congé

C’est le deuxième café
Ses cheveux sont trempés
Balançoire trampoline
Le club Mickey dégouline

Elle repense à ce film
Qui se passe à Deauville
C’est un peu décevant
Deauville sans Trintignant

Ils iront tout à l’heure
Déjeuner à Honfleur
Reprendre la Rover
Et s’ennuyer ailleurs

Menu à deux-cent vingt
Citron vert sur les mains
Il fera rapporter
Un château bouchonné

Juste après le repas
Ils feront quelques pas
Elle voudra essayer
Ce manteau bleu soldé

Marée basse sur le port
Il attendra dehors
Il faudra envisager
Un retour bouchonné

Elle repense à ce film
Qui se passe à Deauville
C’est un peu décevant
Deauville sans Trintignant

Elle a raté son dimanche
A Deauville sur les planches
Il a raté sa vie
A Deauville sous la pluie

ある日曜日ドーヴィルの
雨降るデッキで
彼女は歩み寄る
年上の男の横に。

男はほぼ無口
今朝ドーヴィルで。
彼は海辺にひきずる
2度目の結婚生活を。

海を見晴らす部屋はどれも
冬のあいだ閉じたまま。
年金生活者がみんな
休みをとらなかったから。

2件目のカフェだ。
髪はびしょぬれ。
ぶらんこ、トランポリン、
クラブミッキーが浮かんで消える。

女は思い起こす
ドーヴィルが舞台のあの映画を。
ちょっとがっかりね
トランティニャンがいないドーヴィルなんて。

この後ふたりは
オンフルールで昼食し
またローヴァーに乗りこみ
どこかで退屈な時間を過ごすだろう。

220フランのランチコース
両手にライムを持ったまま
男はシャトーワインの
ボトルを1本また頼むだろう。

食事のすぐ後
ちょっと歩いて
試着したいと女が言うだろう
値下がりしている青いコートを。

港で低くうねる波
男は外で待つだろう。
帰り道の渋滞を
覚悟しないといけないだろう。

女は思い起こす
ドーヴィルが舞台のあの映画を。
ちょっとがっかりね
トランティニャンのいないドーヴィルなんて。

女は日曜を無駄にした
ドーヴィルのデッキで。
男は人生を無駄にした
ドーヴィルの雨の中で。

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。