ARTHUR H – ARTHUR H

4.5 / 5
パリ路地裏の煙たいバーが似合いそうなファーストアルバム

アルチュールH(アッシュ)の1990年のファーストアルバムには、デビュー作という瑞々しい言葉が似合いません。
マッチ売りのマッチか、アラジンのランプみたいな感じで、再生した瞬間、タバコの煙がもうもうとたちこめるあやしげなパリのバー(というより酒場、キャバレーとか言った方が合う)が目の前に出現します。

ゴリゴリしたしゃがれ声、アンニュイな雰囲気、世界各地のワールドミュージックの影響を感じさせる音楽、新鮮なアイディアとユーモア… アルチュールアッシュ独特のスタイルが、この1作目ですでに出来上がっています。
まぁ、1988年12月にパリの小さなホールで3日間の予定で行ったライヴが好評のあまり結局1ヶ月に延長されることになったというエピソードが残っているほどで、アルバムが出る前にも成功していたわけですから、完成度が高いのも納得です。
アルチュールHの本名はArthur Higelinで、お父さんはミュージシャンのJacques Higelin ジャック・イジュランです。

ウクレレクラブ・ド・パリにもメンバー参加しているジョセフ・ラカイユがアレンジャーとして参加しています。THOMAS FERSENトマス・フェルセンの"QU4TRE"のアルバム等も手がけている人で、自分のアルバム("SIGNE RACAILLE"他)では、強烈なユーモアとキッチュな感覚でニヤリと笑わせてくれます。

夜、暗くしてパスティスでも飲みながら流せば、部屋がパリの裏町の怪しげなバーに変わりそうなアルバムです。

1. Quai N。3
2. Perfect Stranger
3. Andora
4. Cool Jazz
5. Don’t Make Me Laugh
6. Je Reve De Toi
7. La Lune
8. Un Fantome S’est Suicide
9. Scritch
10. Marouchka
11. John La Reine Des Pommes
12. Padam Padam
13. Loulou
1.第3埠頭
2.パーフェクト・ストレンジャー
3.アンドラ
4.クール・ジャズ
5.ドント・メイク・ミー・ラフ
6.君を夢見て
7.ラ・リュンヌ
8.幽霊が自殺した
9.スクリッチ
10.マルーシュカ
11.ジョン,ラ・レーヌ・デ・ポム
12.パダン・パダン
13.ルウルウ(ルル)

-

ARTHUR H.(p, vo, harmonium); BRAD SCOTT(b); PAUL JOTHY(ds, perc); JOSEPH RACAILLE/JONATHAN HANDELSMAN(arr)

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。