LES VOYAGES – CLEMENTINE

5 / 5
ブラジルのアーティスト参加のフレンチ・ブラジリアン

ブラジルでの初録音を含むアルバム。(パリとリオデジャネイロ録音。)
プロデューサーは、フランス側はギー・ボワイエ、ブラジル側はジョイス、ロベルト(ホベルト)・メネスカル、マルコス・ヴァーリ。マルコス・スサーノ、ダニーロ・カイミもゲスト参加しています。豪華。
ブラジルポルトガル語の曲が多く、英語、フランス語の曲、インストゥルメンタルも。 同じくボサノヴァテイストのアルバム「クーラー・カフェ」に比べると、フランス語の比率が高いです。
オリジナル曲の他、ボサノヴァの名曲や、フランスのスタンダード曲[9]シラキューズなどが、ブラジル風アレンジで気持ちよく仕上げられていて、[11]でジャズテイストが入っていたりも。
13.「三月の水」は、いろいろなアーティストの演奏を聴きましたが、私は結局エリス・レジーナとアントニオ・カルロス・ジョビンの有名すぎるバージョンが一番好きです。エリスがかけあいの途中でふざけて笑いながら歌ったりしますが、このクレモンティーヌとマルコス・ヴァーリのヴァージョンも、同じことをやっています。二人は当然『エリス&トム』を知っているはずなので、オマージュでしょう。

1. Catavento
2. Liebestraum
3. Les Voyages
4. Tristeza (Goodbye Sadness)
5. Pourquoi Pas
6. Brazil
7. Nos Vimos Ya
8. Interlude
9. Syracuse
10. To Do Bem
11. Saint Tropez Blues
12. Interlude
13. Aguas De Marco (with Marcos Valle)
14. Nina
15. Al Anochecer
1.カタヴェント(インストゥルメンタル)
2.リーベストラウム
3.レ・ヴォヤージュ
4.トリステーザ
5.プルコア・パ
6.ブラジル
7.ノス・ヴィモス・ヤ
8.ランデヴー・ア・モンマルトル(インストゥルメンタル)
9.シラキューズ
10.トゥドゥ・ベン,トゥドウ・ボン
11.サントロペ・ブルース
12.クレプスキュール・オー・ポン・ドゥ・トルビアック(インストゥルメンタル)
13.三月の水 (duet:マルコス・ヴァーリ)
14.ニーニャ
15.夜のとばり

レ・ヴォヤージュ -

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。