カーラ・ブルーニ CARLA BRUNI

CARLA BRUNI カーラ・ブルーニ ディスコグラフィー


日本盤
QUELQU’UN M’A DIT – 風のうわさ
2002 Naive etc.
★5 “QUELQU’UN M’A DIT” アルバムメモ

日本盤
NO PROMISES – ノー・プロミセズ
2007 Naive etc.

日本盤
COMME SI DE RIEN N’ETAIT – 何もなかったかのように
2008 Naive etc.
★4 曲も声もいいけど…シンプルな方が素材が引き立つアーティストな気がするので、凝った音作りにときどき違和感を感じてしまいます。

アルバムをそろえる時便利なように作ったディスコグラフィ(年代順オリジナルアルバムリスト)です。星の数(最高★5)は、個人的なお気に入り度です。

CARLA BRUNI カーラ・ブルーニ (1967イタリア- )

モデルからミュージシャンへ・・・

作曲家の父とピアニストの母を持つイタリア出身のカーラ・ブルーニ。1995年にモデルデビューし、ディオール、ソニア・リキエル、パコ・ラバンヌ、ヴェルサーチなどのショーを飾るかたわら、「キャットウォーク」や「プレタポルテ」等の映画にも本人役で(モデルとして)登場しました。
そんな彼女が自ら作詞・作曲、ギター、ヴォーカルを手がけたファーストアルバムはいきなりミリオンセラー。
クールなのにあたたかい洗練された音楽、美貌、独特な声、人を惹きつける魅力を持ったミューズです。

アルバム"SI J’ETAIS ELLE"でJULIEN CLERC ジュリアン・クレールに歌詞を提供していましたが、2003年12月には彼とのMAXI CD"QU’EST-CE QUE TU CROIS"も出ました。
その後… Nicolas Sarkozyと結婚、フランスのファーストレディとしても有名になりましたね。彼女の音楽が好きな人にとっては、彼女はあくまでミュージシャン。やりにくいだろうけど、がんばってほしいところです。

:フランス語音楽、ヴァリエテ・フランセーズ。映画にも出演していた元トップモデル。ヴォーカル、ギター、作詞作曲をこなすシンガーソングライターです。(一部を除き)フランス語で歌ったデビュー作が大ヒット。かすれ気味のささやき系ハスキーヴォイスと、リラックスした音楽はとても魅力的。「フランスのノラ・ジョーンズ」といわれることもあるようですね…。

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。