30 DEGREES CELCIUS – CLEMENTINE

2.5 / 5
60s-70sの有名曲のリミックス

重たい感じの「オー・シャンゼリゼ」の作りこまれたリミックスに始まり、1960年代-70年代の曲のカヴァーが大半([1]ジョー・ダッサン、[2]レオン・ラッセル、[4],[12]キャロル・キング、[7]ザ・ラヴィン・スプーンフル、[9]ヴァン・モリソン等)で、[5]と[13]はクレモンティーヌのオリジナルだそうです。

このアルバムで面白いと思うのは、選曲はクレモンティーヌらしく気ままなのに、曲の間にちらっとはさまれるセリフで、なんとなくストーリーっぽくつながっているところです。

気分がいい日にシャンゼリゼで人と知り合い、仲間と夜通し騒いで、翌日二人は恋人に、という歌詞の[6]「オー・シャンゼリゼ」の前には、「本当に素敵な日。ランチ食べに行く?」
[7]サマー・イン・ザ・シティの前に「今夜騒ぎに(パーティに)行かない?」
[8]「雨にぬれても」の前に「車に傘置いてきちゃった」
[10]の前に「飲みに行こう」
[11]「サマー・イン・ザ・シティ」の前に「ぐったりしちゃう天気。ちょっと家に帰って着替えるわ。それから出かけよう。OK?」
[13]の前に「もうクタクタ」(←と聞こえるけど違うかも)

…と、そんな感じで、クレモンティーヌの1日を追っているような感じがするのは面白いんですが、音楽はどちらかというと電力消費量多めな音楽が好きな人向き。彼女のボサノヴァアルバムが好きな人には、おすすめしません。

1. Champs-Elysees –Stephane Pompougnac Remix–
2. Masquerade
3. Don’t Let Me Lose the Dream
4. Oublie-Moi (It’s Too Late)
5. Diego
6. Champs-Elysees
7. Summer in the City
8. Toute la Pluie Tombe Sur Moi (Raindrops Keep Fallin’ on My Head)
9. Amour Fou (Crazy Love)
10. Fire and Rain
11. Summer in the City –Radio Favela Remix–
12. Corazon –Radio Favela Remix–
13. Avec Toi le Temps S’Evanouit
1.オー・シャンゼリゼ(ステファン・ポンポニャック・リミックス)
2.ディス・マスカレード
3.ドント・レット・ミー・ルーズ・ディス・ドリーム
4.オウブリィ・モア(ウブリ・モワ)?イッツ・トゥー・レイト
5.ディエゴ
6.オー・シャンゼリゼ
7.サマー・イン・ザ・シティ
8.雨にぬれても
9.アモール・フォウ(アムール・フー)?クレイジー・ラヴ
10.ファイア・アンド・レイン
11.サマー・イン・ザ・シティ(レディオ・ファヴェラ・リミックス)
12.コラソン(レディオ・ファヴェラ・リミックス)
13.あなたとともに

30℃ -

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。