1968 – FRANCE GALL

4 / 5
60s好きにはたまらない福袋

1968 / FRANCE GALL

イェイェ風から、インド音楽風、ジャズ風、ビートルズを思わせる曲までいろいろあり、1960年代カルチャー好きにはたまらないアルバムです。フランス・ギャルらしい甘いささやき声とハッキリ声の差も堪能できます。昔ならでは?の自由なタイトル日本語訳も、一周しておもしろいです。

[1]は、甘えヴォーカルが可愛いロマンティックな曲。アルディあたりが歌っていても違和感なさそうな雰囲気です。
[2]はタイトル通りインド音楽を取り入れていますが、他の曲(3や6)のメロディにもインドっぽいフレーズが出てきます。ビートルズ(ジョージ)を筆頭に、インド風が広まっていた頃ですもんね。
[4]のサビと[5]も、どことなくビートルズを彷彿とさせます。
ゲーンズブール作の[6]はエキゾティック。[9]も同じくゲーンズブール作ですが、いかにも60年代の彼らしいYeye風。
[8]は、フランス・ギャルの代表曲のひとつ。疾走感ある[11]はウィスパーせず思い切り歌い、[12]は子供のような可愛い声でデュエットしています。
私が好きなのは[10]。ミッシェル・ルグランの映画音楽(ロシュフォールの恋人たち、シェルブールの雨傘)に通じるような曲です。

[1]と[8]は、J.Dassin – J.M. Rivat&F.Thomasの共作。[6]と[9]の作者はSerge Gainsbourg セルジュ・ゲーンズブールです。

1.Toi Que Je Veux
2.Chanson Indienne
3.Gare a Toi… Gargantua
4.Avant la Bagarre
5.Chanson Pour Que Tu M’Aimes un Peu
6.Nefertiti
7.Fille d’Un Garçon
8.Bebe Requin
9.Teenie Weenie Boppie
10.Les Yeux Bleus
11.Made in France
12.Petite (Avec M. Biraud)
1.あなたが欲しい
2.インドのうた
3.食いしん坊さん、気をつけて!
4.けんかの前に
5.あなたに贈る歌
6.ネフェルティティ
7.ある男の子の恋人
8.おしゃまな初恋
9.ティニー・ウィニー・ボッピー 10.青い瞳に恋してる
11.メイド・イン・フランス
12.ラ・プティット(デュオ:モーリス・ビロード)

-

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。