JAZZ SAMBA – Stan Getz & Charlie Byrd

3 / 5
スタン・ゲッツのジャズサンバアルバム1作目

amazon

スタン・ゲッツとチャーリー・バードが1962年2月に録音し、アメリカをはじめ世界各地にジャズサンバ(ジャズボサ)ブームを巻き起こしたヒット作。
ボサノヴァのメジャー曲をやっていますが、ジャズ色が濃いので、当時のアメリカ人にも馴染みやすかったんじゃないでしょうか。
スタン・ゲッツはジャズテナーサックス奏者で、彼のジャズサンバシリーズはジャズレーベルVERVEから出ています。中でもこの「ジャズサンバ」は、のちの数枚のアルバムに比べてブラジル度が低めで、「ジャズ>サンバ」です。

チャーリー・バードは、フランスにいた時にジャズギタリストのジャンゴ・ラインハルトと一緒に演奏し、その後クラシックギターを学んでジャズに応用させ、さらにブラジルツアーでゲッツにボサノヴァを紹介したんだそうです。このアルバムでのギターはボサっぽい感じはそれほどしませんが、いいです。
ボサノヴァが好きで、イージーリスニングっぽいものが嫌いな人は、これよりも、後の”JAZZ SAMBA ENCORE!”等の方が気に入るかもしれません。

1.Desafinado ヂサフィナード
2.Samba Dees Days サンバ・ディーズ・デイズ
3.O Pato 鵞鳥のサンバ
4.Samba Triste 悲しみのサンバ
5.Samba de Uma Nota So ワン・ノート・サンバ
6.E Luxo So エ・ルーショ・ソ
7.Bahia (aka Baia) バイーア
8.Desafinado ヂサフィナード

ジャズサンバ -

Stan Getz(ts)and Charlie Byrd(g) with Gene Byrd(g, b), Keter Betts(b), Buddy Deppenschmidt, Bill Reichenbach(d)

関連記事

Comment

メールアドレスは公開されませんので、ご安心ください。は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。